ワンルームマンションを売却するテクニック

男女

良い条件で売るために

ワンルームマンションの需要が高まっている現在では、売却する人も増えています。そして不動産会社に相談すれば、スムーズに売れる時期を教えてもらえます。売れ行きを良くするためのリフォームなどのアドバイスも行われますし、買い手がつきにくい場合には、不動産会社に買い取りを依頼することも可能となります。

イチオシサイト

  • 三和アセットパートナーズ株式会社

    不動産買取を福岡で申し込みたいと思っているならここを確かめておくようにしましょう。ここならすぐに業者がチェックしてくれますよ。
  • 株式会社長栄(京都)

    京都で長期滞在をするなら、マンスリーマンションを借りましょう!長期の出張だけではなく旅行としても最適です。

資産整理の方法

模型

資産整理の手順

現在はマンションの価格が高騰している為、ワンルームマンションの売却が盛んに行われています。個人の所有者がワンルームマンションを売却する際は、基本的に仲介業者を通して第三者に売却をするか、不動産業者に直接買い取ってもらうことになります。仲介業者を通して売却をする場合、まず仲介業者と媒介契約を結びます。媒介契約とは仲介業者と売却希望価格などの条件を定め、不動産の売却営業を任せる契約で、複数の業者と契約ができる一般媒介契約や、一社のみとしか契約ができない専任媒介契約や専属専任媒介契約があります。媒介契約を結んだ後、仲介業者が買主と交渉し、希望価格で買主から購入申し込みが入ると、売買契約を結びます。売買契約を結ぶ際、仲介業者は売却するワンルームマンションの売買契約書と重要事項説明書を作成し、売主と買主に売買契約書の説明と、買主に対しては宅地建物取引主任者による重要事項説明を行い、署名と捺印を行います。そして買主からの手付金の支払いを済ませて売買契約締結になります。そして、売買契約書に定められた引き渡し期日までに決済と物件の引き渡しを行います。決済と物件の引き渡しは基本的に同時に行いますが、売却するワンルームマンションに抵当権が付いている場合は、抵当権の抹消も同時、または事前に行う必要があります。そして、不動産業者に直接影響買い取ってもらう場合は、媒介契約は不要ですが、売買契約の締結から決済と物件の引き渡しまでの流れは同じです。また、一括契約決済の場合は、売買契約の締結時に買主は売買代金全額を支払い、引き渡しも同時に行います。この場合、手付金の支払いは不要となり、抵当権の抹消は事前に済ませておく必要があります。

投資物件の評価

ワンルームマンションは専ら家賃収入を目的として売買されるため、収益還元法で評価するのが妥当といえます。長期的な投資として経営する場合は、将来の収支を計算して、売却のタイミングを慎重に判断する必要があります。

個人投資家の出口戦略

資産運用に積極的に取り組む個人投資家が、ワンルームマンションを買った場合には、値上がりしたタイミングで売却することが重要です。投資物件に特化した不動産会社を活用する方法もありますが、リニューアル工事を行ってから買い手を探すのも賢い方法です。